T2(ttT2tt)さんのツイートを発端に始まった今日のインゼクター論

圧倒的にガチンコな話です

これは僕のアイデアでも意見でもありませんが、是非みんなに読んでもらいたいです

それでは続きからどうそ
引用開始

TG天使と甲虫装機の2択だったときはデッキ選択の幅が狭かった上に対策の方向性が似ていたから、完璧な構築を用意することができた。今はデッキ分布がバラバラ、真逆のアプローチを同時に求められている状態で、全てに対して勝ち切ろうというのは毛頭無理な話。
例えば現状を考えれば、少なくとも甲虫装機・ガジェ・アライブHERO・聖刻くらいは意識するべき。ところが、それぞれに対しての最良の構築は、他のデッキに対して良くない構築になってしまう。
ガンナーリビングはもともとラヴァル・ヒロビに対して有効な戦術と判断した上での構築。結果、この形が流行したことによってラヴァル・ヒロビは間違いなく衰退し、アライブや聖刻に足元を掬われている。
強いギミックを持つデッキジャンルが多すぎるから、ガジェ・アライブ・聖刻に有利な構築を考えたところで、手を緩めたジャンルが台頭し、再度メタが循環するだけ。
前置きが長かったですね。それでも、甲虫装機がトップで居続けているのは、もちろんカードパワーとグルフの柔軟性のおかげという部分が大きいんだけど、これだけデッキが散り散りな中で、どのデッキとも互角に戦えうる真の要因はサイクロンの存在だと考えています。
他のデッキとはサイクロンのパワーが明らかに違う。伏せが敷かれているときに攻め札になるのはどのデッキでも当たり前、伏せがないときでも攻め札になる、無理なくフルに積んだ構築が使える、後ろを基盤としたデッキに対して有利に立ち回ることができる、前だけで戦うデッキにはスピード勝負できる。
具体的に。サイクロンが余った状態でダンセルが通ったとき、ギガマンティスに対してサイクロンを打つことによって4000ダメージの追撃もしくはローチナイトメアの用意ができる。消費はわずかサイクロン1枚。ここをはっきりとインプットできていない甲虫装機使いが多すぎる。
未だCSで一度もやられたことがないけれど、嫌なプレイングを一つ、ダンセルグルフサイクロンで先攻ショックルーラー。こんなにも単純なプレイですら実行されたことがない、それだけ甲虫装機の理解が浅いということ。
ダンセルセンチしか持っていないときの事故解消をすることもできる。ダンセルセンチにいらない虫をくっつけてバトルに突入する、サイクロンを虫に打つ、ヴェーラーをケアしながらホーネットグルフが用意できる。このプレイをインプットできていれば拾えた試合はいくらでもあると思います。
こういったプレイが認知できているか否かによって、ヴェーラーを投げるタイミングも変わってくる。どこまで押してくるのか、相手は何をしたいのか理解できれば、ヴェーラーを温存する選択肢が生まれる。ノータイムでヴェーラーを投げる癖のあるプレイヤーが多いですが。
ヴェーラー即打ちの癖があるだけで、相手にする上では非常にやりやすい。甲虫装機を使う上でかなり重要な思考にトップ・手札読みがある。ホーネットの性質上、伏せカードの種類や手札に残ったカードを読むのが容易、唯一わかりにくいのがヴェーラーの有無。
ローチナイトメアで詰むデッキが、これに絡む流れ以外でヴェーラーを投げるのは暴挙、これはわかりやすい。そうでなくとも、返しで場の虫を確定で消し去ることができるのならば、除去が足りないのならば、こんなところで投げるようではどの道勝てないのならば、通す選択肢は大いに存在する。
よくあるシチュエーションは先攻のセンチグルフ、これに対してヴェーラーを投げる理由はほとんどない。投げたところで、大嵐がない限り戦闘破壊はほぼできないと考えていいから、無意味になりがち。加えて、実はセンチグルフを決めたとしても、以後攻めあぐねるケースが多い。
センチグルフを決めた時点で手札は残り4枚+サーチカード1枚。残りの4枚の中にダンセルセンチがある場合、サーチを止めることはほぼ無意味になる。そして、ホーネットをサーチするという選択は非常にリスキーで敬遠しがちなプレイであることを知ることに大きな意味がある。
センチスタート側からすれば大嵐の有無なんてわかるはずもない、もし残り4枚にダンセルセンチがなかったら、場のセンチを維持できなかった場合せっかくの好スタートを劣勢にしてしまう。仮に1枚持っていても、大嵐からの戦闘破壊の後に除去を敷かれたら劣勢、結局ダンセル回収に落ち着くのである。
そうなると、一手目はほぼ間違いなくダンセル回収。2手目はどうするのか。ホーネットを持っていない場合、まずセンチにグルフを付けるだろうが、では何を回収するのか。この時点で手札にダンセルセンチが1枚しかない場合、今度は激流を恐れて2枚目のダンセルを拾いに行くのだ。
結果、安定を取れば取るほどホーネットを付けられるのはどんどん遅くなり、手札にはダンセルが溢れていく。つまり、最初のセンチにヴェーラーを投げようが投げなかろうが、センチが死ぬまではダンセル召喚やホーネット装備が来る可能性は低く、どの道止めきれない量のダンセルを用意されてしまう。
つまり、先攻センチグルフに勝つ方法は虫を枯らすことではなく、急所の虫だけを止めながら削り切ること。これを知っていれば、特殊なシチュエーションを除いて、最初のセンチにヴェーラーを投げる意味は皆無であることもわかるはず。

引用終了