この記事は2012年3月制限で6月になる前に書きました

公認大会優勝が数回しかない中級者である僕の視点が正しいかどうかはわかりませんが 、
僕が感じている今の遊戯王を書いていきます。

復帰した人や、初めての人に向けて書いていきますので「俺は詳しい!」と思う方はどうぞお戻り下さい

「テーマデッキを使ってみよう!」
今の遊戯王は開闢が収録された時期と違い、単体で強いカードはあまり多くありません。
単体で強いカードのみでデッキを組んだとしてもコンボ性の高いデッキにあっさりと破れてしまいます。
コンボ性の高いデッキというのはその多くは「テーマ」デッキと呼ばれるものです。
テーマデッキというのは名前に関連性をもつカード達を組み合わせて作られているデッキです。
KONAMIが意図して制作したカード郡で誰でも使い方をそれなりに覚えればある程度のパワーまでは出せるようになっているデッキです。
今現在であれば、「甲虫装機」「聖刻」「ラヴァル」「ヴェルズ(少し特殊)」「ドラグニティ」「六武衆」「ギアギア」「暗黒界」などが存在します。
これらは単体では弱いカードが多く入っていますが、組み合わせ次第ではとんでもない強さを発揮します。
テーマデッキの強さだけにはとどまらず個性を活かしつつプレイヤーが開発していったデッキもあります。
「アライブHERO」「ゼンマイハンデス」「聖刻リチュア」などがその一例です。 
テーマやテーマ個性を活かせるようなデッキをつくりデュエルをするというのが今の遊戯王と言っても過言ではありません。
僕が言えることは「まずはテーマデッキを使ってみよう!」ということです。



カードプール(カードの種類)の編成については遊戯王wikiさんの( http://yugioh-wiki.net/)このページにだいたいのことが書いてあります。
歴史についても遊戯王wikiさんの( http://yugioh-wiki.net ) このページに書いてあります。